本格的な発音を学べる安い英会話教室ドゥユースピークイングリッシュ

勉強する女性

注意点

国際化が進む中、日本でも英語教育の改革が求められています。なぜ日本人の英語は遅れているのでしょう。
そもそも日本人が英語に出会ったのは長い歴史の中では最近のことです。島国に住む日本人が初めて出会った英語は1600年にウィリアム・アダムスが上陸したときだと言われています。
徳川家康に気に入られ活躍しますが、その後日本は長い鎖国時代を迎えます。鎖国が解かれ、異国熱が高まった明治維新では英語の義務教育も始まりました。
しかしそれも長くは続きませんでした。教育政策の転換や戦争などを経て、英語からは再び遠ざかってしまいました。
戦争が終わってからはアメリカ英語が中心に入ってきました。小学校で英語の授業が再開されたのは2013年になってからです。
最近では小さいうちから英語に触れさせようとする動きが高まっています。

戦後、中学校では英語の授業が取り入れられるようになりました。
多くの人が中学・高校の6年英語を触れているにも関わらず、日本人には英会話を出来る人が少ないです。
これは英語の授業でも進行は日本語で行われていたり、ネイティブの英語を聞く機会が少なかったことが原因にあげられます。
英語の授業の強化が急がれています。
そして小学校でも大きく変わり始めています。
小学校では体験的に外国の言語や文化に触れるとともに、積極的にコミュニケーションを図ろうとする能力を育てることを目標としています。
それに伴い「小学校英語指導者資格」というものも登場しました。
小学校での英語指導者の育成と、教育の質的向上を目的としています。
インターネットを利用した英会話も劇的に増え、英語に対する意識の転換期を迎えています。