本格的な発音を学べる安い英会話教室ドゥユースピークイングリッシュ

講師

上達法

いろんな意味で優秀な先生に教育をお願いすることが望ましいことは言うまでもありません。
それはなにも英語だけではありません。
スポーツなどでも優秀なコーチが優秀な選手を育てています。
英語を標準語で喋っている国の子供達が英語を身につける方法は、子供のころから起きている間、つまり毎日何時間以上も、英語に触れるのは当たり前で英語を使ったり英語で考えたりする生活を日々続けているからです。
ですので、週5回の授業を学校で受けただけでは、授業の中身がどうあれ、英語を話せるようになるのは難しいです。
英会話を重視するとか言う問題ではありません。
文法などを気にしなくても人が使用している言葉をまねするだけで使えるように脳が働いてくれるのは子供の時だけです。

中学で使用されている教科書の英語は、英語圏を使っている国の小学生1年2年レベルと言われています。
高校生の教科書では、英語圏の国の小学生3年4年レベルです。
学校以外にも英語教育を受けられる通信教育の講座や市販のテキストなど、いろいろあります。
英会話というのもは自分1人でやっていてもやはり限界があります。
英語で会話する相手がいないと会話能力も身につきません。
日本人は英会話が得意ではないイメージがあります。
日本人でも自分でそう思っている方が多いと聞きます。
理由はネイティブの英語に触れる機会が少ないためです。
日本人は英語の発音が悪いわけではなく、学校教育の場において実戦の喋る機会もないまま放置され続けたことが原因です。